今節のバイエルン・ブンデスリーガ第02節

今節のバイエルン・ブンデスリーガ第02節
	鬼のようなハイプレスと左サイドへの素早いロングボールで敵の前進を封じにかかったニコ・コヴァチ監督の徹底した対応にやや苦戦を強いられる立ち上がりとなったバイエルンでしたがチャンス自体は最初から少なくなく、ムシアラのスーパーゴールとデイビス/ミュラーの真骨頂を見せたゴールで追い打ちをかけるとヴォルフスブルクの反撃は徐々に減っていき今季初の完封勝利となりました。
最終ラインが攻守に躍動、渋く光ったザービッツァー、テルにもドリブルの見せ場があって、ゴールラッシュではなくともまた違った楽しさのある試合だったかと。

次節はボーフム、その次はBMGと昨季後半戦で負けた相手との連戦という事で、ここは意地でも勝ってもらいたいところです。コマンもようやく帰って来ますし日々逞しくなっていくムシアラがまた何かやってくれそうで今から楽しみです…

報告する

コメント

  1. このペライチ・マンガにコメントしよう!

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧