ルーテーズプレス
格闘技

ルーテーズプレス

全日的にはジャンボ鶴田の得意技フライングボディシザースドロップ。元祖はルーテーズという事でルーテーズまたは詰めてテーズプレス。
和名は空中胴締め落とし、まあ呼び方はそれぞれ好みと言える。
個人的にはプロレス見始めた時期に吉江豊が好んで使っていて、実況が『テーズプレス!』と言ってたからこの技が出たらテーズプレスって言っちゃうね。
最近石川修司がカウンター技で使用頻度を多くしている。クイックフォールの類いにも見えるが、ホールドという固め技の呼称ではないから飛びついてののしかかりといったところ。ジャンボ鶴田に憧れてプロレスラーになって、フリーランスを経て全日入り。バックドロップは諏訪魔がいるからじゃあコチラをという事で自分の持ち技にしたのかもしれない。
ちなみに解説の小佐野さんが鶴田さんのフライングボディシザースドロップを喰らった小橋建太さんにこの技について聞いたところ、
「畳がのしかかってくるような衝撃。アレは返せませんよ!」

畳って表現が良いね。
報告する

コメント

  1. このペライチ・マンガにコメントしよう!

コメントするためには、 ログイン してください。

投稿者

中落ちカルベイベ
中落ちカルベイベ

選択しない

  • ペライチカテゴリー一覧

  • マンガカテゴリー一覧

  • 最近のコメント